ナードファゴットのオリジナルキャラクター

オリジナルキャラクターナードファゴットのオリジナルキャラクター
ナードファゴットのオリジナルキャラクター』のページです。

愛用マグショット

マグショット.png

キャラクター一覧

キャラクター名 性別 属性 作者
青猫仮面(ナードファゴットのオリキャラ) エセDC ナードファゴット
小津燕 エセDC ナードファゴット
鞍馬天使(ナードファゴットのオリキャラ) エセDC ナードファゴット
サタンクロース(ナードファゴットのオリキャラ) オヤジギャグ ナードファゴット
天道彩(ナードファゴットのオリキャラ) エセDC ナードファゴット
天道会の指導員(ナードファゴットのオリキャラ) 自由 モブ ナードファゴット
時坂宗の僧侶(ナードファゴットのオリキャラ) 自由 モブ ナードファゴット
鳩村ビリー(ナードファゴットのオリキャラ) エセDC ナードファゴット
花田春夫(ナードファゴットのオリキャラ) エセマー〇ル ナードファゴット
ブラックテイル(ナードファゴットのオリキャラ) 一次 ナードファゴット
魔法熟女桂(ナードファゴットのオリキャラ) 一次 ナードファゴット
ロック大佐(ナードファゴットのオリキャラ) 一次 ナードファゴット
渡邉京也(ナードファゴットのオリキャラ) 一次 ナードファゴット

設定

世界観

 月本という疑似日本国
 正化29年という疑似平成29年
 人間 魔導士 サイボーグ 獣人 が共演。

用語

悪の組織
 表向きは移植生命体と戦闘員として利用する武将集団。実態はまだ認可されていなかった移植生命体の孤児を引き取った紳士が枠の組織のボスと言う異様な汚名を押し付けられただけ。
 陸上自衛隊に管理されている。

移植生命体
 医療後見人から魔力を供給してもらう事によって生かされている獣人であり、医療手段。
 一度その医療行為を使ってしまうと、実の親が頑張って長生きするか、優しい後見人を探す事になる為、余程の重病や重度の障碍でもない限り使われない。

異世界人
 転生物の主人公であり、この世界では男性限定。
 複数いる、存在が表沙汰になっている、これだけでも藁人形的転生物の特徴と大きく異なっているが、最大の特徴は「胎児の頃に母親に対して心を読む魔法を使い過ぎた悪影響」というレッテルを貼られている事。

サイボーグ
 機械式の技師装具。本来生身の人間に近づけるべきだが、移植生命体に対する差別意識丸出しでわざと機械っぽくする輩も珍しくない。

超人
 移植生命体を使役する存在。

時坂宗
 キリスト教のシスターに酷似する洋服を着ているとはいえ、仏教である宗教団体。
 移植生命体をマスコットとして教育している。

転生者
 異世界人と同じ様に母体に対して心を読む魔法を使いすぎた女児。
 ただ、性別が同じなために人格そのものが素直にダウンロード。母体が死に、更に代々転生者しか生まれなくなる。
 つまり、子作りを中断するか、子孫を産む前に死なない限り永遠に生きる。

天道会
 よく言えば神道、悪く言えば右〇の団体。巫女もそこに属している。
 移植生命体をサイドキックとして教育している。
 鷹のマークの帽子や喉元の飾りがナ〇スっぽいが、旗は「鍵十字じゃなく卍だけどわざとなの」「そりゃそうだろ、神道なんだから」と居直ったデザインな上に幹部連中は普通とは言い難い背広を着ているもののナチスとも言い難い背広でもある。
 「普通の月本右翼っぽい制服にしろ!!」」とよく怒られている。

コメント欄

コメントを投稿するには画像の文字を半角数字で入力してください。


画像認証

  • 最終更新:2018-12-06 06:44:30

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード