FormattingRules

FC2WIKIの構文(あるいは記法)のうち、利用頻度の高いと思われるものをまとめたチートシートです。

  • 2次創作キャラクターオリジナルキャラクターについては、基本的にテンプレートに必要事項を記入するだけでページ作成ができるようになっていますので、このページの内容はあまり意識しなくても大丈夫だと思います。
  • 引数の指定について、あまり使わなさそうなもの・むやみに使用しないほうがよいものは説明をサボっています。
  • より詳細な内容については構文ガイドを参照してください。

WIKIの編集方法は、下記ヘルプを参照してください。



コメントアウト

行頭に「//」
// コメントアウト
または
#co(){
コメントアウト
}

NOTE:
コメントアウトされた内容もサイト内検索の対象になるようです。

インライン要素

文字の装飾

''太字テキスト1''
'''斜体テキスト1'''
%%打ち消し線1%%
&u(){下線文字列} …… underdotとかいうのもあるようですが略
&font(i,b,u,l,#990000,#ccc,20px){文字列} …… i=italic, b=bold, u=underline, l=打ち消し線
  • 色コードを2つ指定した場合、2つめは背景色指定になります。
  • 打ち消し線の指定が何故「l」(小文字エル)なのかはよく分かりません:-)。
  • いずれもspan要素にstyle属性を付加したものとして展開されるので、「強調」(HTMLにおけるstrong要素, em要素)や「削除」(同del要素)「挿入」(同ins要素)に相当するマークアップとしては使用できません。

e.g.
太字テキスト1
斜体テキスト1
打ち消し線1
下線文字列

強制改行

表組み(テーブル)のセル内で使う場合がほとんどかと思います。
  • 編集画面中のtextareaの上に「 &br; 」挿入用のボタンがあります。
ほげほげ&br;ふがふが
e.g.
ほげほげ
ふがふが

リンク

ページ名を角括弧(ブラケット)2個ずつで括ると、そのページへのリンクになります。
[[トップページ]]
[[機能紹介]]
e.g.

NOTE: コメントページは通常のページとは別扱いなので、たとえば [[コメント1234]] などのように記述しても当該のコメントページへのリンクにはなりません。

2番めの例だと 「リンク先ページ名#frag」へのリンクになります。
&link_anchor(frag){リンクテキスト}
&link_anchor(frag,page=リンク先ページ名){リンクテキスト}

http://example.com/hoge/fuga.html
[[ほげほげ:http://example.com/hoge/fuga.html]]
e.g.
http://example.com/hoge/fuga.html ※リンク先ページは存在しません
ほげほげ ※同上

脚注

レッド&footnote(text=赤)
e.g. レッド (*1)

ツールチップ

&tooltip(text=テキスト){文字列}
e.g. 文字列

画像を表示

&image(novel_image.gif)
構文 動作
&image(画像名,横幅) 画像の横幅を指定。
&image(画像名,高さ) 画像の高さを指定。
  • 上記は「構文ガイド」の説明ですが、実際には画像名に続いて数字を2つ並べることで画像の横のサイズと縦のサイズを指定できるようになっているようです。
  • 数字の指定が1つだけの場合は未確認。(画像の長辺の長さ?)

サムネイル表示
&image_thumbnail(top_aboutwiki.png)
構文 動作
&image_thumbnail(画像名,横幅) サムネイル画像の横幅を指定。
&image_thumbnail(画像名,高さ) サムネイル画像高さを指定。
  • 「横幅」「高さ」の指定は、実際には画像の長辺の長さ(高さ・幅のうち長い方)として扱われる仕様と思われます。省略時は「長辺の長さ200px」の指定としてサムネイルが表示されます。

lightboxで画像を表示する
&lightbox(top_aboutwiki.png)
&lightbox(top_aboutwiki.png,link=image,title=画像のタイトル,height=200)
構文 動作
&lightbox(title=テキスト) リンクのタイトル ※指定なしは「画像を表示」。
&lightbox(link=text) ポップアップ用テキストリンク(初期状態)。
&lightbox(link=image) ポップアップ用サムネイル画像リンク。 ※サムネイルを画像表示したいときに指定。
&lightbox(percent=数値) サムネイル画像の縮尺指定(単位:%)
&lightbox(width=数値) サムネイル画像の横幅を指定(単位:px)
&lightbox(height=数値) サムネイル画像の縦幅を指定(単位:px)
  • 「percent=数値」の指定は、表組み内で使用するときは注意。画像のセルの横のセルにエクスポートデータが入るような場合に閲覧環境によっては見づらい状態になります。

画像へのリンク

画像を直接表示させない場合。
&ref(textad_image.gif) …… リンクテキストをクリックするとダウンロード画面が表示される
&lightbox(top_aboutwiki.png,title=テキスト) …… リンクテキストをクリックするとlightboxで画像を表示

QとCITE

他のサイトや文献などからテキストを引用する場合に使います。citeは出典の題名を示す場合に使用。
&q(){(短い引用文)}
&q(){他の人や人形などが着ている衣服を他の衣服と取り替えること。}
出典:&cite(){着せ替え(キセカエ)とは - コトバンク}
e.g.
他の人や人形などが着ている衣服を他の衣服と取り替えること。 出典:着せ替え(キセカエ)とは - コトバンク

※出典表示部分にリンクを設定することも可能。
e.g.
着せ替え(キセカエ)とは - コトバンクの記述によれば、他の人や人形などが着ている衣服を他の衣服と取り替えること。だそうです。

NOTE:
「短い」という説明になっていますが、実際には「最大何文字までならOK」「何文字以上はblockquoteで」のような意味はありません。数百字にわたる内容を &q(){} で括っても記述としては間違いではありません。

ページ名を表示する

ページ名をテキストで表示
&this_page()

ブロックレベル要素

見出し(h2,h3,h4)

*大見出し
**中見出し
***小見出し
  • 大見出し→中見出し→小見出しの順で使います。
    • たとえば中見出しが記述されていると、そこから始まるブロックが、先行する大見出し以下のブロックから「ぶらさがる」状態として記述されたことになります。「目次」記法の出力結果を見て頂くと理解しやすいかと思います。
  • 見出しの利用状況が不適当と思われる場合(大見出しがなくて中見出しや小見出しを使っている・文書の構成と見出しが合っていない等)、修正させていただく場合があります。

以下のように[#abcdefg]のような文字列が追加されている場合がありますが、ページ保存時にWIKIのシステムで自動的にランダムな文字列が書き加えられる仕組みになっています。(既に追加済みの見出しには追加されません)
*大見出し [#waf0ec32]
  • この文字列はページ内リンクの飛び先(フラグメント)として使用します。この飛び先は「目次」や、 &link_anchor() 構文で使用しています。
  • コピペで見出し部分を書き加えるなどの場合、1つのページ内で見出し部分の[#abcdefg]の同じ文字列が重複して出現しないよう注意してください。(見出し部分をコピペした場合は[#abcdefg]の部分をいったん削除するようにしていただくのが無難です)

見出しを記述した行の前に「//」(コメントアウト)のみの行を入れておくと、段落単位での編集(見出し部分のエンピツのアイコンをクリック)の際に、段落末尾にマージン代わりに入れてある空行を消してしまいにくくなるので少し便利かもしれません。

NOTE:
各ページのタイトル部分(このページの場合、上部に「FormattingRules」とある箇所)がh1に相当する見出しになります。

順不同リスト(ul)

-リスト1こめ
-リスト2こめ
-リスト3こめ
-リスト1こめ
--リスト2段階め
---リスト3段階め
-リスト2こめ
-リスト3こめ
  • 3段階までのネスト(入れ子)が可能。
  • 途中に空行や「//」で始まるコメント行やその他の要素が入るとその箇所でいったんリストは打ち切られます。

順序つきリスト(ol)

+リスト1こめ
+リスト2こめ
+リスト3こめ
  • 3段階までのネスト(入れ子)が可能。
  • 途中に空行や「//」で始まるコメント行やその他の要素が入るとその箇所でいったんリストは打ち切られます。

定義リスト(dl)

該当する構文なし。

整形済みテキスト(pre)

行頭に半角空白

BLOCKQUOTE

他のサイトや文献などからテキストを引用する場合に使います。(ブロック要素として表示されるのが &q(){} との違いです。)
  • 出典表示には前出のciteを使用します。
  • 任意のテキストに枠線をつけたり、あるいは左右のマージンをとる目的で使用するものではありません。(引用以外の箇所で使用した場合修正対象とさせて頂きます)
#blockquote(){
引用テキスト
引用テキスト
}

DIV要素

インラインスタイルを指定する(CSSの知識がある人向け)
#divstyle(width:400px;overflow:hidden;padding:10px;background-color:#DFDFDF;border:1px solid #808080;){
文字列1
文字列2
}
#divstyle(width:200px;float:left;){左フロート}
#divstyle(width:200px;float:right;){右フロート}
#divstyle(clear:both;){フロートを解除してテキストを配置}
  • divstyle構文の括弧{}のネストの処理が拙いのか、他の構文との相性が悪かったりするので要注意。
    • divstyleの括弧{}の中に入れて大丈夫な構文と、入れるとちょっと具合が悪い構文とがあるということです。

表組み

|TCENTER:80% CENTER:|CENTER:|c
|列1の見出し|列2の見出し|列3の見出し|h
|1行め 列1|1行め 列2|1行め 列3|
|2行め 列1|2行め 列2|2行め 列3|
  • 末尾「c」の記述は書式指定行・末尾「h」の記述は見出し行です。
  • 途中に空行や「//」で始まるコメント行やその他の要素が入るとその箇所でいったん表組みは打ち切られます。
  • セルの途中に改行を含むことはできません。( &br;の記述は可能ですが、なんでもかんでも&br;でつなげて 1つのセルに入れてしまうとメンテナンスのときに分かりにくいので、ほどほどでお願いします。)

e.g.
列1の見出し 列2の見出し 列3の見出し
1行め 列1 1行め 列2 1行め 列3
2行め 列1 2行め 列2 2行め 列3

各セルへの書式指定
構文 動作
CENTER: セルの中身を中央寄せにします。
LEFT: セルの中身を左寄せにします。
RIGHT: セルの中身を右寄せにします。
TCENTER: 数値 表組み全体を数値で指定した幅にして、中央寄せにします。※書式指定行で使用
TLEFT: 数値 表組み全体を数値で指定した幅にして、左寄せにします。※書式指定行で使用
TRIGHT: 数値 表組み全体を数値で指定した幅にして、右寄せにします。※書式指定行で使用

  • 数値は%指定またはピクセル数(単位なし)で指定します。
  • CENTER: LEFT: RIGHT: の後に数値があるとセルの幅の指定になります(セルの中身によっては数値指定通りに表示されないこともあります)。

NOTE:
  • 「表組み」を表組みとしてではなく、ページレイアウト目的で使用することは基本的にはおすすめできません (*2)
  • 複雑なレイアウトをしている場合、ページ表示時に時間が掛かったり保守性が落ちるなどの問題がありますので、修正対象とさせて頂く場合があります。

内容を折りたたむ

region ~ endregion構文
#region(close,text=表示/非表示)
文字列1
文字列2
……
#endregion
  • closeの代わりにopenと記述すると開いた状態で表示します。

openclose構文
#openclose(text=テキスト,block){
文字列1
文字列2
……
}
  • block指定時は開いた状態で表示。指定がなければ閉じた状態で表示されます。

openclose2構文
&openclose2(text=テキスト,inline){文字列}
  • inline指定時は開いた状態で表示。指定がなければ閉じた状態で表示されます。
  • 構文の途中で改行を含めることはできません。( &br; の記述は可能)
  • &openclose2() は、表組み内でも使用可能です。(インライン要素)


  • 最終更新:2017-10-12 12:38:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード